柏の遊び場のご紹介。ご紹介するならもっと良い天気の方が良かったと思い直しましたが、せっかくなのでアップします。北柏ふるさと公園は、週末は結構賑わいます。老夫婦のお散歩、子供連れの若い夫婦、釣り人。平日ですと部活動中の中学生、高校生たちがランニングしています。

春夏秋冬いつ来ても気持ちのよい公園です。アスレチックとかはありませんが、散歩、ランニング、小さな子供がボールで遊ぶ程度なら十分です。

別にこの公園のシンボルってわけではないのですが^^;私は北柏ふるさと公園と聞くとどうしてもこの鉄塔を思い出してしまいます。鉄塔付近で遊んでいると「ぶ、ぶーん、ぶーん」と送電中の音が聞こえてきます。

現在は減水状態です。4~8月は田植えのために増水しております。水深は一気に1m以上下がります。3月まではこの状態が続きます。中洲のようになっている場所は、夏場はすべて水底に沈みます。

手賀沼への河口に向かって歩いている途中。地すべりがところどころあり、ちょっと危ないです。先程の写真ではかなり水深が浅い、そもそも枯れ果てている状態ですが、河口付近は減水したとは言え、水深が3m以上あります。河川敷をお散歩しているご老人がいらっしゃいますが、お気をつけください。雨が降った後ここで散歩をしているとズルっと行ってしまうこともあります。この時期川に落ちたら低体温症でやられる可能性だってあります。

オオバンたち。

違法ヘラ台です。ヘラ台というのは、ヘラブナを釣っている人達が勝手に木材を持ち寄って作った釣り台です。桟橋と表現していますが、違法ヘラ台です。撤去を求めるよう私も市役所に問い合わせましたが、河川敷は千葉県が管轄しているとのことなので、千葉県庁まで連絡しました。一時撤去したことはあるのですが、ヘラ釣り爺さんたちはほとぼりが冷めるとすぐに再建。今度は破壊せずに張り紙&立ち入り禁止の札を立てています。一番下の写真を見ると、子供の頃に作った秘密基地みたいでしょ^^;?

私も子供を連れて釣りに行ったのですが、ヘラ釣りをしている爺さんに怒鳴られて追い出されましたよ。

「ここはおらが作ったんだぞ!勝手に人の土地で釣りすな!」

不法占拠じゃないか?と伝えたら、他のヘラ師連中まで爺さんに味方してこちらが文句を言われました。ひどいものです。流石にこれだけ禁止禁止と貼られているので、もうやっていないと思うんですけどねえ。

手賀沼へと続く河口。

公園に池があるのですが、最近はめっきり池の鯉が減ってしまいました。犯人は中国人たちです。私も目撃して注意をしましたが、日本語がわからないふりをしていたので中国語で注意してやりました。1人や2人じゃないんです。彼らは料理人のようで自分たちでは喰わないとのこと。

そもそも…手賀沼水系の魚は放射線量が高く、食べてはいけません。柏市、千葉県も警告しています。ところが、彼らはお構いなしです。自分たちが食べるわけではなく、他人(客)に食わせるだけのことですから、危険もないしお金まで儲かる。入れ墨だらけの料理人が私にそう言ってくれました。とんでもない連中です。

公園を管理している事務所にその旨を伝えましたら、「そんな事実は知りません。池の鯉、減ってますかあ?」とのんきな事を言っていました。そんな事実があったんです!というわけで下記の通り張り紙をしてもらいました。

エキサイト翻訳したっぽい間違った中国語ですが…まあ、何も無いよりマシでしょう。すでに鯉もなく、いたとしても張り紙なんて無視して釣るのが彼奴らです。

楽しい公園。ちょっとお散歩に来て魚に餌を上げる楽しみ。こういった楽しみを奪うのは絶対に許せません。