建国記念の日は皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?
保守に目覚めてまだ一年程度でありまして、昨年までは建国記念の日でこのような輩が大行進をし、保守の方々がそれに対して日本人としてごく当たり前の抗議の声を上げる…ことを今まで知りませんでした。

この日は都合があり、保守活動には馳せ参じることができなかったのが残念です。
我が家では国旗掲揚、お赤飯でお祝いをし、日本国のお誕生日ということでケーキを食べました。

柏でも何かお祝い行事は無いのかな?と思ってググって見ましたら、アミュゼ柏にて日本会議による講演会と奉祝行進がありました。

保守が集会を開くのであれば、その何倍もの勢いで騒ぐのが極左の連中です。

同じ柏市のアミュゼ柏にて極左連中による建国記念の日反対集会も開かれていました。保守と極左が同じ建物で集会をやる。アミュゼ柏はトラブルなどを考慮せずに、部屋が空いていたからやったのでしょうか?それとも毎年こうなのでしょうか?

建国記念の日が過ぎてから、この記事を書くためにぐぐってみたら極左共のお知らせは削除されていました。内容は下記のとおりでした。

「建国記念の日」反対2・11東葛集会. 明治維新と天皇制の150年. ~明治維新で人々は幸せになったのか~. 講演「明治維新と天皇制の150年~明治維新で人々は幸せになったのか~」. 講師 千本秀樹さん(筑波大学名誉教授). 日時 2018年2月11日(日)13時開場 13:15~16:45. 場所 アミュゼ柏1F会議室A(柏市柏6-2-22)

筑波大学の名誉教授まで出張らせているんですね。

私は用事があってどうしても参加できないので、父親に奉祝行進だけでも見に行ってもらえないか?とお願いしたのですが断られました。父親は団塊の世代。戦後史観に、自虐史観にどっぷりです。私の話を信じてもらえないのはわかりますが、虎ノ門ニュース等保守系のチャンネルで政治家、ジャーナリストの話を聞いても信じてくれません。

愛国主義=右翼
国旗=右翼

父親は政治的な思想は全くなく、左翼でもなんでもありませんが、このようにごく自然に頭に浮かんできてしまうようです。

保守政党である日本第一党の皆様が東京の靖国通りで反天連へのカウンターをしてくれました。私も昨年終戦記念日に反天連デモへのカウンターに参加しましたが、気違い極左共の思考回路には呆れるばかりです。

国体そのものである天皇陛下と我々国民を否定し、日本に対するヘイトスピーチを行う。だったら日本に住まずに朝鮮や中国へ行って暮せばよいのに。

これは東京だけの話ではありません。
柏にも上記のように建国記念の日に反対する輩がわんさかいますし、市議会議員の中にも極左活動に精を出す輩もいます。そう、内田ひろきです。