手にとった後は必ず手を洗うようにしている極左暴力支持者の「内田ひろき」の広報チラシ。

先日早朝、南柏東口のローソン前で爆音をぶっ放している輩がいたので誰かと思ったら、内田ひろきでした。のぼりも4本ほど立てて主張をアピール。音量もでかいし、あの角度だと駅前のマンションの住民に大変な迷惑をかけているのだと思われます。

スピーチの内容が良ければ多少マシですが、またぞろ安倍首相の批判や森かけ問題。人権平等です。

みんな出勤時間でかまっている暇がないのでしょう。もし、土日にこんな演説ぶっていたら文句の一つも言われるでしょう。

そんな人権大好き、弱者救済、自衛隊反対、安倍独裁と叫ぶのであれば、現在進行系でガチンコの民族浄化、大虐殺を実施中の共産党に文句を言ってください。が、彼らは中国を崇拝しておりますし、文句一つ言えません。北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射した時もだんまり。だんまりどころか、安倍は北朝鮮からのミサイルを利用して支持を増やそうとしているなどと言っていましたからね。

先日、チャンネル桜の頑張れ日本全国行動委員会が主催する抗議行動に参加してきました。

渋谷とは言え通行人からの注目は浴びていたと思います。今後も定期的にこのような活動を行っていただき、支那の暴虐非道を宣伝していけば、いかに日本国民が脳天気であっても認識していってくれるはずです。

演説内容だけではわからない、信用できないというのであれば下記動画を御覧ください。

東トルキスタン共和国(ウイグル)では40回以上核実験が行われおり、爆発による死亡者10万人以上、その他先天的障害を抱えた方も多数いらっしゃいます。初回の核実験でしょうか。この動画に移っている人民解放軍兵士も死亡しております。

漢民族が寄ってたかってウイグル族の子供をリンチ。

酷いものです。中華人民共和国なるものは人間ではない人たちが支配している地域です。

内田ひろき君、このような現状を認識した上で本当の平和を叫んでくさいね。