頑張れ日本全国行動委員会が主催する「外国人移民政策絶対反対」緊急国民行動に参加して参りました。

動画をご覧になれば分かる通り、外国人単純労働者を大量に入れれば多文化共生という名のもとに日本人が社会の隅っこに追いやられ、日常生活においてもトラブルの頻発します。

  1. 治安の乱れ
  2. 日本人の賃金が上がらない。
  3. デフレ続行
  4. 企業は潤うが、果実を得られるのは社長はじめ一部の経営陣のみ。
  5. 国民健康保険、年金、出産手当、生活保護がむしり取られる
  6. 國體の破壊につながっていく

などなど。

自民党党員の多くは経済ばっかり、経済を追求する余り売国奴と化している輩も多数おります。これまでの安倍内閣の政策を見ると、亡国への道を進んでいるとしか思えません。偽徴用工問題、支那に対する包囲網で多少強気に振る舞っているものの、普通の国においてはごくごく当たり前の対応であり、過去の政権があたり前のことすらできていなかっただけで、特段褒められることではありません。

しかし、だからといって安倍政権を支持ばかりできません。

黒船来航以上の国難が日本を襲っているというのに、外国人労働者受け入れです。絶対反対と叫ぶのであれば、ぜひ11月15日の頑張れ日本全国行動委員会の国民運動に参加していただきたいですっ!