柏市の話じゃなくてごめんなさい^^;

驚いたので書きます。

朝日新聞よりも左に突き抜けた北海道新聞の報道によると、プーチン大統領が、アイヌ人はロシアの先住民族だと言う意見に同意されたそうです。

評議会では、人権活動家のアンドレイ・バブシキン氏が「ロシアは多民族国家だが、国が認めていない民族もいる。その一つが極東の島々の最も古い民族であるアイヌ民族だ」と指摘。ロシアの先住民族として認めるよう提案し、プーチン氏は支持を表明した。バブシキン氏は、現在のロシアのアイヌ民族について「カムチャツカ地方に105人しかいない」と説明した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181219-00010003-doshin-int

意見と言っても、記事にあるように人権活動家のたわごとですが。

菅官房長官もアイヌ民族は北海道の先住民だという妄言を吐いていますし、極左団体もアイヌ民族は縄文人とは違うという認識です。

アイヌ人、縄文人、琉球人のDNAはほぼ同じという結果がでています。

アイヌの歴史を大事にすることは私も同意しますが、捏造してまで歴史を作ることは絶対に許されません。日本政府は明治から旧土人法などで彼らを保護してきました。一方的な迫害とかやっておりません。日本政府からいじめられたアイヌ人が、海を渡って清朝に援軍を求めたなんて奇説も出ているようですし…。

北海道新聞は親中、反日の新聞です。アイヌ独立などを煽って政府から助成金をもらう、日本からの分断を図る。反天皇的な思想を持つ輩も支持しております。沖縄同様非常に危険な連中がアイヌ独立を叫んでいます。

もちろんその背後には中共もいます。

人権活動家のたわごとにプーチンがさも大賛成したかのように報道していますが、北海道新聞は日本の国益などよりも、アイヌ独立、日本分断を画策しているので、この手のニュースはでかく報道します。眉唾もので見るべきですね。