前回の記事の続きです。

https://ishobenkyo.xyz/?p=422

1941年12月8日、大東亜戦争開戦。
この日に合わせて昨年同日に柏駅前で極左9条の会柏が赤紙(複製)を駅で配布したそうです。

「スピーカーを蹴飛ばす妨害にもひるまず、参加された24人は落ち着いて最後まで行動した」とのことです。

いくら9条の会柏がキチガイじみた行動をとっていても、暴力で妨害してはいけません。

ただ、柏駅を歩いていただけなのに、コピーとは言えいきなり「赤紙」なんて渡されたら混乱しますよね。

 

コンタクトの広告でもない、
広告ティッシュでもない、
居酒屋の広告でもない…

「え?赤紙!?」

そりゃあ、頭に来る人もいるでしょうよ。

掩体壕についても。
確かに重労働だったと思います。しかし、国家が危急存亡の危機であったし、自分の命と国家を守るために必死だったわけですから。

戦死者の周辺

この記事は個人的な思いだからスルーしようと思っていたのですが…。山脇さんのお兄さんが先の大戦で散華されたとのこと。私は立派に戦ってくれた英霊の一人として尊敬いたしますが、山脇さんは違うそうです。

霊媒師が散華されたお兄さんの口ぶりを真似、

「無念だったよ、撃っては込め、撃っては込め、とうとう海の藻屑になってしまった」

生前お兄さんがどんな思いで戦地に行ったのかはわかりません。ただ、戦士はすべて犠牲者。戦犯(日本に戦犯はいない)が祀られている靖国神社に祀られるのはけしからん。

と切って捨てるのはいかがなものかと。


命を的に国防に尽くした方を単なる犠牲者と切って捨ててしまうのは、かえって死者への冒涜となります。

 

再び赤紙を渡す役所にしてはならない!ですって^^;

内田ひろきがこう叫んだそうですよ。


軍部柏へとなっていたお話が書かれていました。軍都になったっていっても当時は仕方ないでしょうに。

気になったのが、

工員の多くは朝鮮からの徴用工や女子挺身隊だった。

徴用工だあ?

戦時徴用はわずか245人でした。
全国に245人しかいなかった徴用工の多くが柏に密集していたのか!?

徴用工ではなく戦時労働者だと思いますけどね。

 

日中交流のためにChinaの瀋陽、ハルピンへ。

731部隊の博物館へ行ったそうで。
人体実験をやっていたという明らかなでっち上げであり、Chineseが思いつきそうなことばかりじゃないですか。

私も20年近く前に731部隊博物館までいきましたよ。
当時China留学中で一人旅でChina東北地方へ旅行しました。731の博物館には蝋人形や「済南事件で虐殺された日本人の死体写真(当時は知らなかった)」がたくさんありました。修学旅行でこの博物館までやってきた日本の中高生がいたのか、たくさんの寄せ書きがありました。

柏市の図書館には未だに似非平和団体編纂による「731部隊が支那人を虐殺していた」などと記載された「禁帯出」の資料が鎮座ましましています。

極左団体飲み会のワンシーン

昨年12月「望年会」の参加者たちが酔ったついでに漏らした言葉。嗤ってしまいました。

とにかく安倍首相を目の敵にしている連中ですね^^;

  • 障害者は戦争になると真っ先に殺される。by内田ひろき
  • 1月26日、映画パート2「思いやり予算」を議員9条の会で開催。無料です!
    共産党の武藤みつえだけは「単なる番宣」でした。何言っているかよくわからんけど。
  • 「サッカー9条の会」をつくろうと考えている。千葉憲久さんはちょっと・・・。「スポーツに政治を持ち込むな!」って韓国の極左大統領文在寅さんが言っていませんでしたっけ^^;?

極左って本当に不思議な人たちです。歴史や物事をすべて自分の都合の良いように捻じ曲げて妄想に浸れる…。

「右翼や保守的な著名人は思想が極まったり、行き詰まったりして自殺をされる方がいらっしゃいますが、極左や左翼思想家って自殺しない」

ch桜の討論番組の中で誰かがポロッと言っておりましたが、極左機関紙「9条の会柏通信」を読んでいるとよくわかります。

・パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。) https://drive.google.com/open?id=1f62RE22Fw0grvPiCVvZyfrPu-Bn73VrW