時効だから書きますか。

前回のお話。

自虐史観マンセー小学校若手教員

娘の担任が自虐史観の持ち主で、近現代史になると毎回日本を自虐し始めました。

・日本人はアイヌ人をいじめていた
・韓国併合時に日本は朝鮮人たちに悪いことをした

ちょうどアイヌ新法の話が大きくなる前後だったと思います。それに合わせていたのかわかりませんが、アイヌ人は住んでいた土地を追い出され、虐殺されたと授業中話していたそうです。

娘は私からアイヌ人は同じ日本人(縄文人)で、彼らだけが先住していたのではなく、日本人も住んでいた。旧土人法という法律で彼らを保護していた…。

という聞きかじりの知識を話しておりました。娘はすべて理解したわけではありませんが、同じ日本人で先住民ではないということは理解していたので、先生の話に疑問を持ったそうです。

「先生がまた嘘ついていたよ!嘘でしょ?」

「嘘だ」

アイヌについては私も知識があまりないし手元に証拠資料もないので、きちんと娘に説明できませんでしたけどね…。

朝鮮人に酷いことをしていた
・朝鮮文字を日本は奪った
・朝鮮人を迫害した
・日本は調子に乗って韓国を併合した

その他、何やら日本の韓国併合について散々日本をディスカウントしたそうです。

娘の社会のノートに、韓国併合についての「まとめ」が書いておりました。これは娘が勝手に書いたのではなく先生が書いたまとめを書き写したものです。

そこには「日本は調子に乗って韓国を併合した」と書かれておりました。

流石にこれは酷いと。
連絡帳に「調子に乗ってはないでしょう」と書きました。

ーーーー

当時日本は欧米列強に囲まれておりました。日本はまず韓国を保護国にし、清朝から独立をした上でロシアや欧米列強の脅威に備えようとしていただけです。伊藤博文はじめ韓国を併合することに反対していた人々もいましたし、欧米列強から半島の面倒を見ろと迫られた背景だってあるのです。

そもそも原始人のような暮らししかしていない、未開でトイレもない、民度も極端に低い半島を手に入れてどうしようというのか。

併合後は日本と同じようにしようとして多額の税金をつぎ込んだこと。

当時の日本人が必死になって模索した道が併合であり、「調子に載って併合した」などと言ってしまっては当時併合した日本政府首脳、日清、日露、大東亜戦争で命を落とした英霊の方々に対して非常に無礼ではないか。

ーーーー
と言うような内容を伝えました。

その日にすぐ電話がかかってきて「調子に乗ってはあやまりだった」「過度に自虐史観を生徒に押し付けたのは間違いだった」と言われました。

私自身、小学校の教科書が「東京書籍」であり、中身が完全な自虐史観であることはわかっていますし、先生もサラリーマンなので教科書通りに授業を進めなければならないのはわかります。

しかし、教科書の内容以外にもひたすら日本を罵り、朝鮮文字を奪ったとか、アイヌがどーだこーだ、生徒に「日本はクズ、ゴミ」だと言わしめるような授業は辞めていただきたいと伝えました。

「気をつけます」

とは言っておりました。

翌日、娘によると「調子に乗って」という部分だけは削除したそうです。

…。

多分わかってないんだろうなあ。

水間先生が発掘された朝鮮版朝日の新聞や、当時の写真を見せたら少しはわかると思うんですよね。28歳で真っ赤に染まってしまった日教組教師。

歴史認識を改めないと次代の日本人たちも我々同様に自虐史観で教育させられてしまいます。つくづくGHQの洗脳工作、更には中韓を利用しての日本の歴史破壊は凄まじいです。戦後と言われていますが、今でも執拗に攻撃を受けている状態ですね。

・パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。) https://drive.google.com/open?id=1f62RE22Fw0grvPiCVvZyfrPu-Bn73VrW