なんか最近おかしいですね。
竹の花が咲いては散り。120年に一度しか咲かず、竹の花は非常に不吉なものと思われています。

◎超拡散宜しく《大災害の前兆「竹の花」が全国各地で咲いている》 (05/22)

不吉といえば、

  • ここ数年の全国各地の自然災害。
  • 4月10日、先帝陛下(平成時代)のご成婚記念日にかつてないほどの大寒波が襲い、東京でも雪が降りました。
  • 4月30日の退位、5月1日の即位では雨が振り気温も低下。
  • 5月4日の今上皇后両陛下による一般参賀の時には東京で雹が降りました。
  • 50年に一度と言われる大雨が九州、沖縄を中心に降り続け。
  • 今週は日本全体が真夏日となり、関東でも30度超え、なんと北海道では39度を超えたりと異常気象が続いています。
  • 最近は千葉県、茨城県でも震度5弱、震度4の地震が起こっております。

平成23年3月11日に起こった東日本大震災の前年は猛暑日が非常に長く続きました。私は花粉症持ちで平成23年の花粉症は生まれてこの方初めて味合うほどの苦しい花粉症でした。前年に猛暑日が続くと翌年の花粉症がひどくなるのです。

 

◎超拡散宜しく《扶桑社は犬飼「SPA!」編集長と倉山満氏と心中を選択したようです》 (05/26)

水間先生と倉山先生ェの件、もはや倉山先生ェとの間ではなく扶桑社との戦いへと発展しております。倉山先生ェの砦を拝見するに、現在は執筆活動がお忙しいようです。倉山塾の教えの中で「一次資料なんて根性さえあれば誰でも引っ張ってこれる。大事なのは、先行研究の整理」とのことなので、自分もこのセリフを頭の中に刻み込んでおくっス!

倉山先生ェも工房の方々もご多忙中のようですね。

 

さて、

古新聞ですが令和になってから間もない5月3日の読売新聞でこんな広告が。

私はそう思いませんが、世間一般では「やや右寄りの新聞」と認識されている読売新聞の広告とは思えない…まるで朝日や毎日新聞に毎日載せているような広告です。

柏の9条の会も入っているし…。
JRの労組も極左で有名です。

ため息のでる広告です。GHQの手先と言われた日テレ、読売新聞。憲法記念日にこの広告。私は5月3日は戦前、Chinaで起こった済南事件を追悼するために国旗を半旗にして掲揚しました。