何度も同じことを書いておりますが、極左政党の努力たるや立派なものです。
市議会議員選挙が終わった翌日、駅前で共産党、社民党が朝立ちをしておりました。

感謝の言葉を言うだけでなく、彼らのいつもの主張を繰り返し繰り返し吠えておりました。

また、選挙期間中も極左議員の林さえこなどは街宣車などを使わず、自分の足、自転車で街宣をしておりました。若くビジュアルも悪くもない女性が中身はともかく自分の主張を必死に訴える…。選挙に仕方なく行くような人は一票入れたくなります。

彼らは努力をしています。

選挙前も、選挙期日中も、選挙後も。

自民党のバカ連中はなんにもしておりません。

女性宮家、女系天皇を阻止するため、微力を尽くしております。
仕事もあり、家庭もあると家に帰ってすぐ自分の好きなことができる…なんてことはありません。

帰宅⇒食事⇒子供を寝かせる⇒自分も眠ってしまう

朝早く起きて1枚でも2枚でもはがきを書き、チラシに添える文書を書くのがやっと。

継続して送付していくうっ!

週に5,6枚程度しか送れていませんが、コツコツ続けています。

水間先生のブログにありましたね。

それは官邸からリークされた記事が
《7月27日付の、『読売新聞』朝刊1面には〈皇位継承順位 維持へ〉
〈政府 秋にも議論着手〉といった見出しが踊った。
……読売記事によれば、秋以降、有識者会議などを設置して
議論を始めるというのだが、その前提として
“現在の皇位継承順位は変更しない”との『方針』も記されている。
『読売の独自情報だっただけに、これを“リーク”した
政権中枢の意向がうかがえます。》とあり、
奇しくも官邸と週刊新潮に「暑中お見舞いハガキ」を集中送付していただい
た一週間後に官邸がうごき官邸中枢からリークされて、
読売新聞がスクープとして1面で報道された流れが
経験上手に取るようにわかりましたが、
ベテランの「みつばち」さんも同様にわかったと思っております。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3174.html

私も7月27日の記事読みました。
皇籍復帰とかそこまでの記事ではありませんでしたが、皇位継承順がはっきりと書かれており少し安心しました。ただ、このときは、読売だし…ぬか喜びさせるだけなのかな…油断ならぬ…なんてただ単に勘ぐっただけでした。

しかし、一歩前進であることは確か。

自分は他のミツバチさんたちのように大量に送れてはおりませんが、少しでも結果が出ると嬉しいものです。優先順位通りにチラシ&暑中見舞いを送り続けていきます。

・パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。) https://drive.google.com/open?id=1f62RE22Fw0grvPiCVvZyfrPu-Bn73VrW