購入しました。
まだ読む時間が確保できず、1章しか読んでおりません。
会話形式で進む流れですが、メディアなどでは一切報じられていない内容ですので、皇室に関してあまり知識のない方が書店で偶然手にしたら驚くこと 思います。

そんな新刊本は発売前から予約注文が殺到し、アマゾン皇室部門ではずっと1位でした。

ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘 [ 水間政憲 ]

このまま大手書店の店頭に並ぶ…などとは思っておりませんでした。左傾化した出版業界による嫌がらせがあるだろうと。案の定ありました。

 

◎緊急拡散宜しく《名前・出版日改竄に関して紀伊國屋書店からの謝罪文》

■全国の「みつばち」さんから、発売後、インターネット通販で
「水間政憲著」で注文できなくなったと連絡が複数ありましたが、
紀伊國屋書店から謝罪文がきたと連絡がありました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
犯人は日販とのことですので、紀伊國屋書店からの回答は
あまり意味が無いとは思いますが、一応連絡です。
以下、回答文です。

――――――――――
いつも紀伊國屋書店ウェブストアをご利用頂きまして誠にありがとうございます。

お問い合わせにつきまして当サイトに掲載している商品情報が
間違っており大変申し訳ございません。
著者名、消費税額を訂正いたしましたのでお知らせいたします。
このようなことがなきよう注意いたしますので
今後ともご指導・お鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

またのご利用を心よりお待ち申し上げております。
――――――――――

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

との回答をいただいたと転送していただきました。

また、大手書店で「水間政憲著」で新刊本がヒットしない書店として、
《三省堂、未来屋、有隣堂、トップカルチャー》との連絡もありました。

全国から「チーム日本みつばち」さんから、連絡があり感謝致します。
以前、アマゾンが5つ星レビューを削除していたり問題がありましたが、
今回はそれどころではありません。

実際、【日販】が名前を改竄して「水間憲政著」と配本した事で、
すべてを「水間政憲著」に戻るまでかなり時間がかかるようですので、
この実態をインターネット上に拡散していただく方が、
いち速く是正できますので、宜しくお願い致します。

「皇室も危機」ですが、我が国の言論の自由も危機的状況になっていることが、
良識派の皆様が「証拠」を掴んでいただき深甚の謝意を表する次第です。

※皮肉なことにアマゾンの「天皇制」部門3週間連続1位を維持されていることで、
姑息な反日連中のハレンチ行為が浮き彫りになり、
良識派の皆様方に重ねがさね感謝を申し上げます。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3223.html

◎緊急拡散宜しく《前代未聞:名前の誤表記の犯人は【日販】でした!!》

■新刊本を何処に配本するかの権限は、本の流通の元締め「日販」です。

今回、アマゾンが誤表記してなかったのは、
「日販」を通さずアマゾンの子会社にダイレクトで入荷されているからです

今回「日販」が嫌がらせをしていることは、
地元の書店でひどい実態を何度も体験しています。

それはJR阿佐ヶ谷駅南口の地域のメイン書店に配本しないで、
ずーっと離れた今にも閉店しそうな書店(実際閉店しました)に配本してい
ました。

こんなことを全国で行われたら、私だけでなく西尾幹二先生などの本も
同じように扱われれば、薄っぺらなパクり本だけが店頭に並ぶことになりま
す。

実際、今回は本の流通の元締めが名前改竄の犯人だったので、
インターネット販売も激減して増刷なしで消された可能性があります。

新刊本の勢いは、発売後1~2週間ですので、インターネット上に
【本流通の元締めが名前を改竄してまで消そうとした
『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』の一読をお奨めし
ます】
などと拡散してください。

やっぱり「日販」が悪さをしたのかと思っています。

日販には、以前、出版労連の委員長が在籍していたり、
裏で業界を牛耳っている実態は、マスメディアを牛耳っている
【共同通信】(GHQの意向で設立)と、出版業界を牛耳っている「日販」は
同じように、
日本解体を目論む組合員が今でも跳梁跋扈しているのでしょう。

ここにお集まりの皆さんは、単にNHKが悪いとか朝日新聞が悪いとかだけで
なく、
我が国の深層まで見極めようとしていらっしゃる方々がほとんどですので、
共同通信の歴代の社長はほとんどが朝日新聞OB、GHQ占領下以降、
NHKの会長が朝日新聞OBだったこともあり、
市民活動の現場から見えない世界が日本を牛耳っている実態に気付いている
方は、
玉石混淆ですがインターネットに頼るしかないのが現状です。
バンバンインターネットに情報の発信を宜しくお願い致します。

【日販は令和の道鏡一派】と確定しましたので、
新刊本と合わせて拡散をお願い致します。

参考:http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3222.html

 

■日本人になりすまして反日活動をしている輩が、最近、異常発生している
ようです。

近々、「女性宮家」の特措法を審議して通した
国賊国会議員一覧表を作成してアップしますので、
それぞれ「女性宮家」は必要ないと公言するまで
「令和の道鏡一派」とのレッテルを貼り、
批判できれば国会内もバラバラになり、
朝鮮系国会議員は100名前後いますが、「女性宮家」は潰せます。

良識派日本人が相互に連携できれば、崖っぷちで食い止められますので、
皆様方が協力できれば「なりすまし日本人」も駆逐できますので宜しくお願
い致します。

◆新刊本は大手書店でも嫌がらせを受けていますが、
ブログ『水間条項』から歴史戦対訳ポストカードと合わせ申し込みいただい
てる方には、
日本人の特性を活かし、物静かに淡々とターゲットをピンポイントで絞り、
順番に撃破する「武器」ですので、新刊本だけを希望の方は
アマゾンか地元書店で注文していただければ幸いです。

 

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3221.html

 

◎緊急拡散宜しく《新刊本に対する楽天ブックスと紀伊國屋ウェブストアの
究極の嫌がらせ!》

■新刊本『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』に対する
嫌がらせの連絡がありました。

皆さんも確認できましたら、インターネット上に批判の嵐をお願い致します

それは、楽天ブックスと紀伊國屋ウェブストアは、数日前まで予約受付中は

「水間政憲」で検索すると新刊本
『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』を予約できたのにも
拘わらず、
9月14日の発売以降、「水間政憲」で検索しても
新刊本『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』がヒットせず

水間政憲一覧にもでてこなくなったそうです。

そこで、新刊本『ひと目でわかる皇室の危機~天皇家を救う秘中の秘』から
検索すると、
なんと私の名前をうっかりミスのように名前を改竄して「水間憲政」にして
あり、
「水間政憲」ではヒットしないようにしてあるとのことです。

私の手元には、プリントアウトした証拠資料がありますが、
書店では隠す、インターネットでは名前を改竄するなど、
これから様々な嫌がらせが行われるでしょうが、
敵は新刊本を脅威と認めたことになり「武器」として有効ですので、
覚醒されていらっしゃる皆様方の発信力で障害を突破していただければ、
『令和の道鏡一派』を撃破できますので宜しくお願い致します。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3220.html

 

ひと目でわかる皇室の危機 天皇家を救う秘中の秘 [ 水間政憲 ]

・パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。) https://drive.google.com/open?id=1f62RE22Fw0grvPiCVvZyfrPu-Bn73VrW