茂木ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!

茂木弘道が作成した偽造文書
https://drive.google.com/file/d/1EjoCZSZ4Vqp2iDpXCoDgI8Euo4_8Y89e/view
中山成彬氏の捏造糾弾書
https://drive.google.com/file/d/1t0C-MmuIYuDBhwEv8x3VTOQ6EbZyhAGT/view
水間政憲氏の経緯説明書
https://drive.google.com/file/d/1UKXJDcdvTaPpSDFNyFa8nsd7E1oLWh09/view

経緯は水間政憲先生の説明書を見ていただければわかります。

南京の実相にもあるとおり、歴史議連が南京事件に関する調査をまとめ、国内外のメディアが大注目。朝日新聞をはじめとする反日メディアは、発表に関しては全くの沈黙。

ところが、茂木弘道は中山成彬氏から「ご指摘の『小委員会報告』が間違っていることは承知しております」という葉書をもらったという体で、歴史議連の発表を無き者にしようと画策。

私文書偽造してまで南京事件を有耶無耶にする。まさに国賊。
いわゆる南京大虐殺を完全に否定されてしまうと、ビジネス保守たちが食えなくなってしまう。決定的な証拠を出さずに、イデオロギーや伝聞だけで南京大虐殺を否定する保守本を大量生産できますからね。

でも、その大本は阿羅健一先生や水間政憲先生が発掘した資料、田中正明先生の著書からパクってまとめればいっちょ上がり。そんな仕事は著者がせずに、お抱えのゴーストライターなり「工房」にぶん投げる。南京大虐殺以外の保守本の大半はそんなもののようです。

先生が言われる倉山満もさることながら、渡邉哲也、宮崎正弘だって1年に何冊も本を出されるわけですから、一人では無理です。

茂木弘道の手段は悪辣。
そして、「史実を世界に発信する会」の会長加瀬英明!

茂木一人の画策ではないでしょうから、組織の長として責任があるでしょうよ。

http://hassin.org/01/about/menber

南京大虐殺を完全に否定できるチャンスがあると、それを本気で潰しにかかるのがエセ保守とビジネス保守です。左翼は沈黙するだけ。

厄介なのは味方のふりをした保守ですね。

拡散していきましょう!

こちらもお願いします!皇室を救うには皇室の危機を救うことが大事っ!