年末に令和の道鏡一派にとどめを刺せれば良いのですが、マスコミや政治家がネチネチとしつこいのでひたすら攻撃目標へ向けてはがき、FAX、電話で攻撃を続ける以外にありません。

こういった活動を聞くとやる気がでますね。

『1日に宇佐神宮マラソン(ハーフ)があり、
安泰家系図をバックプリントしたTシャツで走ってきました。
天気予報は曇り後雨とありましたが快晴だったのは天照大神のご加護でしょうか。
レース後に参拝し、社務所に新刊本を寄贈してきました。』

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3311.html

また、年賀状作戦は本当に聞くようですね!
民主党政権下の頃、私は全くのノンポリで外国人参政権問題等全く危険性を感じることなく日々を過ごしておりました。

その危機とは、2009年9月に政権をとった鳩山由紀夫内閣が
一気に「外国人参政権」を通そうとしたとき、かすかな期待をこめて、
民主党と連立していた国民新党の郵政改革大臣に就任していた
亀井静香大臣の地元事務所に「外国人参政権反対」の年賀状を出すことを
呼び掛けたところ全国から大量に届いたようで、正月の4日に亀井大臣が
「外国人参政権に断固反対」と宣告したことから閣議決定ができず
「外国人参政権」は流れたのです。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3313.html

水間先生のブログに載っている道鏡一派以外にもはがきを送りつけました。
地元の桜田義孝にも抗議の電話、手紙、はがきを送付しました。

親分の二階に女系天皇、女性宮家を容認するなと伝えておけ、今まで投票してきたけどこれ以上売国する二階に対して何もしないようであれば絶対に投票してやらない。家族、知人にも呼びかけて落選運動も厭わない。と伝えておきました。