女性宮家をどうしても創設したいのでしょうね。
本来であれば「国益を守る会」でしたっけ?青山繁晴などのチームが頑張るべきなのでしょうけど。
一切期待しておりません。

芸能人らに東久邇家が載っている家系図を改めて出していこうかな。
年賀状を数十枚叩き込んでから、封書、はがきを出しておりませんので再開します。

女性宮家◎緊急拡散《「1・23」は「女性宮家」阻止の分岐点になる》

■1月23日に「令和連携記事」をアップしたときは、
盟友関岡英之氏の鎮魂を兼ねた記事として、保守言論界に警鐘を発します。

いま政府は、1月4日、複数のメディアが報道したように
「自民党内は女性天皇・女系天皇を含めて審議を進めると
意見が割れて収拾がつかなくなるので、
『女性宮家』に賛成している80%の世論を考慮して聞き取り調査を開始した」との
報道を受けて、私が街頭にでて調査した結果発表を
1月7日に『WiLL』編集部に打診しました。

そして、原稿依頼が来たのが1月11日、出稿したのが1月14日18時、
ゲラがきたのが1月16日午前、ゲラを推敲して送ったのが1月16日15時頃であり、
担当編集者とは順調に進めて完全に終了していました。

ところが、発売日が毎月1月25日頃ですので、1月20日10時06分は、
まさに印刷直前で組み直しは、よほどの「事件」がなければ
「ボツ」にしないのが業界の常識ですので、よほど巨大な圧力があったのか否か。

◆◆◆◆◆◆【1月20日10時06分】◆◆◆◆◆◆

水間先生

お世話になっております。

誠に恐縮ではありますが、今回ご寄稿いただいたお原稿、紙幅の都合上、
掲載、次号(4月号/2月26日発売)以降とさせていただくことになりました。

お忙しい中、ゲラのチェックまでいただきながらこのような結果になりましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

次号、皇室関連の記事をいろいろ準備したいと思っております。
その中でうまく掲載できれば、より記事の注目を集めるのでは
ないかとも思っております。
掲載のあかつきにはご連絡差し上げます。

よろしくお願い申し上げます。

ワック株式会社
『WiLL』『歴史通』編集部

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この実態を判断することを、良識ある日本国民に委ねるため、
『WiLL』の玉石混淆のレポート記事と私の「スクープ記事」を検証できるように
如何なる対処をしたのかを1月23日21時に動画とブログで明らかにします。

『WiLL』の担当者にお世話になりましたが、
この記事をアップしたことは『WiLL』と訣別しても国益を選択するのか否か。
それは考える必要のない言論活動をしてきましたので筋を通します。

実際、今回の「スクープレポート」が掲載されたら、
「女性宮家」論争に終止符を打てる内容でしたので、【令和の道鏡一派】は、
どんな手段を使ってでも阻止しようと動いた結果だと思っています。

それをぶっ潰すのは、インターネットなのか、
それとも既存メディアとインターネットの連携なのか、
それは1月23日20時にブログと動画で明らかにしますので、
緊急拡散宜しくお願い致します。

◎緊急拡散《「1・23」は「女性宮家」阻止の分岐点になる》

■1月23日に「令和連携記事」をアップしたときは、
盟友関岡英之氏の鎮魂を兼ねた記事として、保守言論界に警鐘を発します。

いま政府は、1月4日、複数のメディアが報道したように
「自民党内は女性天皇・女系天皇を含めて審議を進めると
意見が割れて収拾がつかなくなるので、
『女性宮家』に賛成している80%の世論を考慮して聞き取り調査を開始した」との
報道を受けて、私が街頭にでて調査した結果発表を
1月7日に『WiLL』編集部に打診しました。

そして、原稿依頼が来たのが1月11日、出稿したのが1月14日18時、
ゲラがきたのが1月16日午前、ゲラを推敲して送ったのが1月16日15時頃であり、
担当編集者とは順調に進めて完全に終了していました。

ところが、発売日が毎月1月25日頃ですので、1月20日10時06分は、
まさに印刷直前で組み直しは、よほどの「事件」がなければ
「ボツ」にしないのが業界の常識ですので、よほど巨大な圧力があったのか否か。

◆◆◆◆◆◆【1月20日10時06分】◆◆◆◆◆◆

水間先生

お世話になっております。

誠に恐縮ではありますが、今回ご寄稿いただいたお原稿、紙幅の都合上、
掲載、次号(4月号/2月26日発売)以降とさせていただくことになりました。

お忙しい中、ゲラのチェックまでいただきながらこのような結果になりましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

次号、皇室関連の記事をいろいろ準備したいと思っております。
その中でうまく掲載できれば、より記事の注目を集めるのでは
ないかとも思っております。
掲載のあかつきにはご連絡差し上げます。

よろしくお願い申し上げます。

ワック株式会社
『WiLL』『歴史通』編集部

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この実態を判断することを、良識ある日本国民に委ねるため、
『WiLL』の玉石混淆のレポート記事と私の「スクープ記事」を検証できるように
如何なる対処をしたのかを1月23日21時に動画とブログで明らかにします。

『WiLL』の担当者にお世話になりましたが、
この記事をアップしたことは『WiLL』と訣別しても国益を選択するのか否か。
それは考える必要のない言論活動をしてきましたので筋を通します。

実際、今回の「スクープレポート」が掲載されたら、
「女性宮家」論争に終止符を打てる内容でしたので、【令和の道鏡一派】は、
どんな手段を使ってでも阻止しようと動いた結果だと思っています。

それをぶっ潰すのは、インターネットなのか、
それとも既存メディアとインターネットの連携なのか、
それは1月23日20時にブログと動画で明らかにしますので、
緊急拡散宜しくお願い致します。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-3358.html